ゴルフのアイアンの3つの種類とその特徴

ゴルフクラブの中のアイアンは大きく分けると次の3つに分類されます。1つ目はキャビティアイアンです。フェースの後方に凹みがある形状で、ヘッドの下部に重量を置くことができるので、ボールが上がりやすい特徴を持っています。そのため、初心者が使用するのに向いており、特にヘッドが大きくソール幅が広めのものを使うとミスヒットしても上手くボールを上げることができます。2つ目が中空アイアンです。これはヘッドの内部に空洞を作っている構造になっており、多少打点がずれてもヘッドを固定しやすく、ミスヒットに強いという特徴を持っています。また、他のアイアンと比べて重心が一番低い構造になっているので、ボールにスピンをかけて高く飛ばしやすくなっています。3つ目がマッスルバックアイアンです。ヘッドは他の形状に比べて小さいですが、フェースに厚みがあるので、芯でとらえたショットをすると、心地よい打感を味わうことができます。ただし慣れていないとミスヒットが多いので、上級者でないと使いこなすのが難しいアイアンでもあります。

PR|貯蓄|健康マニアによる無病ライフ|クレジットカードの即日発行じゃけん|女性の人生|お小遣いNET|アフィリエイト相互リンク|オーディオ|童話|心の童話|生命保険の選び方|マッサージのリアル口コミ.com|JALカード|初値予想||女性向けエステ.com|